フリーで仕事をし、自由人を目指す

お肌の老化を食い止めるために女性ホルモンへの知識を増やす

2015年1月30日(金曜日) テーマ:ピックアップ

女性ホルモンの分泌が変わるだけで肌の老化が進んでしまうんです。

卵巣から分泌される女性ホルモンは、女性の心身に大きな関わりがあります。女性ホルモンは、大別するとプロゲステロンと、エストロゲンがあります。お肌の状態に深く関わっているのは、このうちエステロゲンというホルモンです。この2つのホルモンのバランスでしみが増えたり、肌の乾燥が進んだり、にきびが増えることもあります。特に、ホルモンバランスの乱れがきっかけでできるしみに、肝班があります。妊婦さんや、生理不順の女性に多く見られる症状で、右と左に同じ形状のしみができるという特性があります。基礎体温を測ってみて、高体温期と、低体温期の差がない時はホルモンバランスが乱れているのかもしれません。ホルモンの状態が悪くてしみができた場合、ホルモンの働きが改善されることで、しみも改善します。ホルモンの調子を損ねているためにお肌が弱っている人は、紫外線による影響も大きく受けていますので、そちらの点も注意です。ホルモンバランスを整える時に、おすすめなのが大豆加工品です。大豆に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンに似た性質があり、美肌に効果があると言われています。しわやしみ対策に、ホルモンの働きを促進するように心がけましょう。

パルティール 高崎は予約で簡単に予約をとるならこちら!